• 下手な注文を出した結果
    2020年 5月 18日 流れに逆らうと…

    このまま上がるとは思えない、という気持ちで鹿島の値動きを見ているけれど、結果としてチャートを見ると上げトレンドに。そんな状態が半月くらい続いてます。運良く利益は出ているものの、ちょっと危な[...]

    続きを読む
  • 思うようにいきません…
    2020年 5月 14日 決算発表日の取引

    昨日は幸運にも鹿島の売りポジションで利益を出すことが出来ました。注文を入れた時に考えたような流れでは全然ないというか、売りを入れた後は上げ方向に動いているので、もう全然思惑とは違う値動き。[...]

    続きを読む
  • 思惑通りの流れに
    2020年 5月 13日 判断ミスとその結果

    鹿島建設の決算発表を5/14(木)に控えた状況で、鹿島の売りポジションを2000株持ち越しています。思っていたよりも上げの方が強い感じで、ちょっとこれは損失が育っていくパターンなのかも知れない…[...]

    続きを読む
  • 微妙です…
    2020年 5月 12日 鹿島の監視とFX

    昨日は鹿島の売り注文をいれつつ株価が下がるのを待ったものの、結構綺麗な角度で株価が上昇していくのを見守ることに…下手な売り注文の見本みたいな取引で、これはかなり恥ずかしいです。ここで失敗を[...]

    続きを読む
  • 値動きに迷って…
    2020年 5月 11日 終始売り目線で

    ゴールデンウィーク明けの月曜日。今日から本格的に仕事を再開する、という方も結構いらっしゃるかも知れません。私はもう5/7(木)からガッツリ仕事が入っていたので、今日から気持ちを新たに、とい[...]

    続きを読む
  • 建物を造るのは大変で…
    2020年 5月 7日 連休明けの取引

    本日からゴールデンウィーク明けの取引開始ですね。連休は結構長かったけれど、仕事だったり自粛だったりで、もう全然どこにも出かけられませんでした。元々インドア派なので全然苦ではないんですけど、[...]

    続きを読む
  • 普通すぎる結果…
    2020年 4月の運用成績

    2020年 4月の運用成績株式投資記録サイトの見た目を新しくして、投資記録を再開してからようやく半月が経過しました。これを書いている今現在はもう5月に入っているので、ちょっと遅くなりましたが2[...]

    続きを読む

利益を出した際のルール

当サイトで株式投資をする際のスタイルと資金について、前回は少し具体的な話をしてみました。

・短期投資のスタイルで利益を出していく

・資金は250万円程度

このくらいの資金でどの程度の取引が出来るのか、そしてそれで利益を出していくことが出来るのか。
そのあたりを取引記録で見せていくことが出来ればと思います。

「色々偉そうなこと言ってた割に利益を出せないじゃない」とならないように、出来るだけ良い結果を出していきたいものです。
まあ良い結果を書きたいがために無理をした結果、逆に損失を出してしまう、というようなことは今まで何度もあるのでそれは避けたいですが。

実際はそこまで当サイトの訪問者は多い訳でもないので、大きく利益を出して褒められるような取引を狙わなくても良いんです。
ただ淡々と、少しずつでも利益が出るような取引の結果を出していくことが出来ればそれで充分。

もちろんこの「それで充分」という成果を出すこと自体、非常に難しいことなのは間違いありません。
なのでこうした記録の手を借りながら、出来る限り地道な取引を続けていくことがまずは目標でもあります。

と、そんな私の気持ちはさておき、今回は実際に利益を出した場合のお金をどうするのか、という部分について触れておきたいと思います。
株式投資で利益を出すことと、自分の収入を増やすことは完全にイコールという訳ではないので、そのあたりについて考えてみましょう。

株式投資で利益を出した後の話

当サイトでは「株式投資による収入増加計画」というタイトルを付けているように、収入を増やすことを第一に考えています。
だけど実際に株式投資で利益を出したとしても、それがそのまま自分の収入に直結する訳ではありません。

株の利益が収入に直結するかどうか

どうしてそうなるかと言うと、株式投資の利益はそのまま株式投資の口座に戻されるからです。
そうなると株式投資の資金は増えることになりますけど、自分が使えるお金として扱われる訳ではありません。

もちろん株式投資の口座から一般の口座にお金を移動することは簡単に出来るので、その機能を使えば良いだけではあります。
でも、実際に株式投資をやってみると、なかなか株式投資の口座からお金を移動するのが難しいものです。

どのタイミングで資金を移動するのか、という時期の難しさもあるし、資金を移動することによって取引できる金額が少なくなるという気持ちもある。
これは実際にやってみると実感することではないかと思います。

株式投資では資金というのは、ゲーム感覚の言葉で言えば「体力」であり「攻撃力」でもあるんです。
資金がなくなることはつまり、体力がなくなってゲームオーバーになることをまずは意味します。

また、資金は取引できる金額の限界でもあるので、それが少なくなることによって、取引できる株数が減ることにもつながります。
そうなると、値動きによる利益を出そうとしているのに、あまり大きな利益が出ないという「攻撃力が少なくなる」状況にもなる。

そんな貴重な資金を簡単に別口座に移動することは、気持ち的になかなか簡単にはいかないものなんです。
もちろんこうした気持ちは人によって全然違うので、どんどん取引口座から自分が使える口座に移動したいと思う方もいるとは思いますが…

少なくとも私の場合、せっかくジリジリと増えてきた口座のお金を移動するには、かなりの抵抗感を感じました。
むしろ損失を出した時の方が「どうせ口座のお金が減ったんだからついでに」みたいな気持ちになって、出金しやすいと感じています。

取引口座からの出金ルール

ただ、いくら取引口座のお金を移動するのは抵抗感があるとは言っても、株式投資は自分の収入を増やすためにやっていること。
なので、どこかのタイミングで口座のお金を移動していく必要は絶対にあると思っています。

スムーズにその作業をこなすためには一定のルールが必要です。
ということで、私は株式投資で利益を出した場合、以下のようなルールで別口座にお金を移動するようにしています。

・出金は月末に1回だけ行う

・その月の利益の40%を出金

・その月は利益を出していない(損失あり)場合は出金しない

・翌月に利益を出した場合でも、前月の損失は考慮せず同じルールで出金

このルールが正しいかどうかは人によって様々だと思います。
株式投資は複利の考えで取り組んだ方が利益を出しやすい、という意見も当然あるでしょう。

そのあたりについては次回にもう少し詳しく触れてみたいと思いますが、ともかく私はそのやり方を選びません。
それぞれの月で出せた利益の中から、以下のような割合でお金を分配していく、という考え方です。

・40%は別口座に移動して自由に使う(または貯蓄しておく)

・40%は取引口座に残して運用していく

・20%は利益を出した際の税金で引かれる

細かいことを言えば取引には一定の手数料がかかるし、信用取引をする場合は金利を支払う必要もあります。
だけどそれらはそこまで大きな金額にはならないので、40%残す運用資金が実際は少し減る、という感じでやっています。

最近は手数料も安いし、手数料で躊躇していると利益を出すことも出来ないので、手数料の扱いはそれで問題ないと思います。

関連記事

  1. 自己責任だけど怖いものは怖い
  2. 投資は一人でやるもの
  3. 短期投資のイメージ
  4. 感情任せの取引でショックを受ける可能性も
  5. 目標を決めた方が動きやすい
  6. 株式投資と捕らぬ狸の皮算用