「2008年7月」の記事一覧

また沈んでる…

2008年 7月 31日の取引

■持ち越している株

・大成建設 255円×2000株 信用売り

先日売り注文を入れた大成建設の株価は、終値が260円だったので微妙に含み損を抱えている状況です。

ただ、いつも自分の狙い通りに値が動く訳ではないから(というかその逆の方が多い)、それを気に病んでも仕方がありません。

さて、今日は含み損に熱くならず、冷静に取引をする事。そうしないと大損してしまいそうな雰囲気も…。

いやいや、怖いですねー。

ドクターシーラボの手仕舞い

2008年 7月 30日の取引

■持ち越している株

・ドクターシーラボ 155600円×4株 現物買い

相変わらずドクターシーラボ株はそのまま保有していますが、前日の終値が155700円まで上がって来ています。

手数料を考えなければややプラスという状態であり、元々配当金をもらう為に購入した株でもあるので、そろそろ売っても良いかも…です。

またSBI株で溺れる

2008年 7月 29日の取引

■持ち越している株

・ドクターシーラボ 155600円×4株 現物買い

相変わらずシーラボ株はそのまま保有してます。

昨日の終値が154200円なので、権利落ち日の割には思ったほど値が下がっていないな…という感じ。

これならすぐに値を戻すかも…なんて考えたりするけど、まあそんなに上手くいかなくても良いでしょう。

配当金という誘惑に負けて

2008年 7月 28日の取引

■持ち越している株

・ドクターシーラボ 155600円×4株 現物買い

今持っているドクターシーラボの株は、やや長めに保有しておくことになりそうです。

今日は配当金の権利落ち日なので株価は間違いなく下がりますから、それがある程度戻ってくるまでは持っている、という予定です。

意外に値が下がらなければ売るというのもアリですが、そんなに取引を急ぐ理由は別にないですからね。

何とか利益を確保する

2008年 7月 25日の取引

■持ち越している株

・鹿島 349円×3000株 信用売り

さて、最近大きく値上がりした鹿島株の売り玉を持っている訳ですが、これからどうするかについて、ここで少しはっきりさせておきます。

まず、これからも株価が大きく上がる場合。

「これからも上がる」という表現は全然適切ではないかな…まあ上げ相場があと何日か続いた場合、ということですね。

そうすると含み損は結構膨らむことになりますが、値を上げたタイミングで何度か売り注文を入れていく予定です。

逆に一気に下がったりするようだと、値動きが荒くなりすぎなのでとりあえず利益確保の注文を入れます。

こうして方針を決めておけば、多少の値動きで精神的にやられてしまう事が「比較的」少ないでしょう。あくまでも比較的少ない程度ですが。

無駄に精神をすり減らす必要なんて全然ありませんから、もう少し大らかに構えていても良いのではないかなと思ってます。

膨らんでいく損失…

2008年 7月 24日の取引

■持ち越している株

・鹿島 349円×3000株 信用売り

何となく上げ相場に変わりそうな雰囲気がする中で、なぜか鹿島株の売り玉を3000株持っています。

速攻で損切りになってしまいそうな予感…ただし、損切りを考えるには少し早すぎるから、もう少し様子を見ていきましょう。

微妙にどんよりと、本日の取引開始です。

そろそろ下げ止まりなの?

2008年 7月 23日の取引

■持ち越している株

・鹿島 343円×1000株 信用売り

昨日の大きな上げ相場の最後に、信用売り注文を入れた1000株の鹿島株。

上げ相場の勢いがどこまで続くかにもよりますが、下げに転じてから買い戻そうかなと気楽に考えてます。

ただ、今までの経験からすると、微妙に不安な部分も当然ありますよ。

「今日はまずいかも…」とか思っている時に限って、意外にも都合の良い値動きをしたりすることが多いんです。

また逆に「こんなに簡単に利益を出していいの?」と思っている時には、予想とは反対方向に動いてみたりしますし。

そんな訳で、微妙に危ないような感じを持ちながら、何とか本日の取引を始める事にしました。

鹿島株損切りとその後

2008年 7月 22日の取引

■持ち越している株

・鹿島 340円×3000株 信用買い

先週末の金曜日、かなり失敗気味に買いを入れてしまった結果として3000株保有している鹿島株。

こんな下げトレンドにも関わらず、どうしてこうも買い玉が増えてしまうのでしょうかね。

先週末に自分が注文を入れたのに、そんな疑問を抱いてしまいます。

とまあ愚痴を垂れても始まりませんから、あまり傷口が開かない内に処分するしてしまいましょう。

でも、こうした危なっかしい状態で3連休を過ごした訳ですが、そのことに関して全然気にならなかったというのが救いです。

昔の私なら間違いなく「週明けの動きはどうかな…」というような意味のない事を考えたはずですから。

含み損は痛いですが、こうした進歩を感じられるのは嬉しいことですよね。

欲張ってしまうとどうなる?

2008年 7月 18日の取引

■持ち越している株

・清水建設 457円×1000株 信用売り

下げトレンドかなという感じの中で、今は457円の売り玉を1000株だけ持ってます。

あとはそろそろトレンドが変わりそうな気配もあるので、あまり欲張り過ぎずに買い戻し注文を入れることが出来れば理想ですね。

アメリカの取引は大幅に値を上げて終了したようだけど、それがどこまで影響を与えるのか…

ちょっとドキドキしながら本日の取引開始です。

SBIホールディングで痛い目に…

2008年 7月 17日の取引

■持ち越している株

・ドクターシーラボ 156000円×4株 現物買い

・清水建設 456円×2000株 信用買い

昨日から持ち越しで保有している株は上記の2社分あります。

手数料が高いし売りが出来ないという理由から、私はほとんどの注文を信用取引で行っています。

オマエにそんな信用があるのか!というツッコミはさておき、まあ上がり下がりのどちらでも利益を出すには信用取引しかないんですね。

それなのに珍しく現物で株を買っているのは、ただ単純に配当金が欲しいからです…うーん、不純な理由かも。

ドクターシーラボは配当金の権利をもらえる位の期間(7月末なので)持っておいて、今期の特別配当金(と言っても1株1000円)を頂くことにしましょうか。

一方、清水建設はちょっとヤバイです。早めに処分をしておかないと、後でひどい目にあいそうな予感がプンプンしてきます。

2日間大きく下がったので少しは戻るだろうと(甘く)考え、458円で1000株買い注文を入れ、いつものようにその後ガツンと450円付近まで下がる苦しい展開。

ここは逆に買いの平均値を下げるチャンスなのだけど、10円以内の値段で連続買いをするのもなぁ…と思っていると、どうした訳か値が戻った454円で1000株追加注文をしてしまいましたとさ。

いつもながらほれぼれするタイミングです。

平均456円の2000株保有といういささか情けない状態になり、その後はあまり動きもなく455円で終了し、2000円の含み損。

どうなる事やらと思いながら、本日の取引が始まります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ