2008年11月

売りポジションをやっと利食い

2008年 11月20日午後のトレード
■持ち越している株
・清水建設 信用売り 462円×3000株
・鹿島建設 信用買い 275円×1000株
長々と保有していた清水建設の売りポジションも、あと少しで利食い出来るところまでたどり着きました。
もう少しゆっくりとポジションを作るスキルがあれば、こんな苦労とは無縁なんですが…
現実問題としてスキルがないので、少しずつでも磨いていくしかありませんね。


■午後のトレード①
午後はさらに値を下げて取引開始です。
口座の状況


良い感じに含み損が減ってきて、もう少しで数字が赤くなりそうです。
その後、清水建設はとうとう460円まで下げてきましたので、一応利食い出来る値段にまで下げたことになります。
( ゚д゚)リクイ? <何とか水面まで浮上しただけでしょ
そうなんです。ここで差額1円の利食いをしたとしても、今現在で1株あたり450円程度の逆日歩が発生しています。
つまり売り注文の手数料とあわせて650円×3=約2000円です。
これに返買注文の手数料をあわせると、差額1円では到底利益とは言えない状態なんですよね。
まあ手数料を気にして取引をするのはあまりオススメ出来ませんけど、実際に利益を出そうと思うと気にせざるを得ません。
で、結局どうしたかというと、474円の売りポジションだけを461円で利食いすることにしました。
差額13円×1000株=13000円-手数料900円=12100円
さらに税金控除分の1割を引いて10890円の利益。

これで平均売値は456円に下がりましたが、株価が上がるようならもう一度売り増しをするつもりです。
色々なやり方があるとは思いますが、こうした分割の利食いは精神的な負担が少なくてイイですね。
その分利益も少なめですが、これはまあ仕方がありません。
■午後のトレード②
さて、今度は鹿島建設です。
清水建設が順調に値を下げているということは、鹿島の買いポジションの含み損が増えてきていることを意味します。
( ゚д゚)ウーム… <これは仕方がないな
売り買いどちらかに偏るのは危険なので、こうして両方のポジションを持っている訳ですから、こういう状況は避けられません。
結果的に午前中の利食いはナイスプレイだったようです。
含み損は膨らみましたが、少しは自分を褒めながら、もう一度買い増しのタイミングを待つとしますか。
いつもこのタイミングが早すぎて後で苦労をするので、出来る限りゆっくりと注文を出すこと。
これを心がけつつ、262円で1000株買い注文を入れました。
…が、しかし。
鹿島建設 前日比-13円 260円
今日の終値からすると、この買い増しはちょっと失敗気味です…というか、そもそも275円の買い自体が失敗気味ですが。
それでも今日の日経平均は前日比-570円で、明日の戻しを期待して損切りは入れませんでした。
明日、あまりにも予測と違っていた場合には、損切りも考えなければ。
■午後のトレード③
さて、残りの清水建設2000株も今日手仕舞いしたいところですが、株価はどうでしょうか。
今現在の平均売値は456円ですが、株価チェックをしてみると455円付近まで下げてきました。
これは手仕舞いのチャンスです!
でも、ここで放り投げてしまうのはちょっと惜しい(欲張り?)ので、取引終了直前まで粘ることにします。
最後の大量注文で買えるかどうか、という452円で返買い注文を入れておいたのですが、かなり微妙だったので結局453円で返買です。
差額3円×2000株=6000円-手数料1700円=4300円
さらに税金控除分の1割を引いて3870円の利益。

またしてもショボイ利益でしたが、明日以降の展開を考えて安全な道を行くことにしました。
ただちょっと悔やまれることがあります。
(|||´Д`) <452円でも約定出来てたYO
まあこれは私が辛抱出来なかっただけの話ですし、毎回ギリギリで約定出来る訳でもないから文句は言えません。(←でも言いたい)
クヨクヨしても仕方がないので、明日のトレードまで株のことは忘れることにしますか。
とりあえず明日も下がるようでしたら、出来る限りゆっくりと買いポジションを作っていこうかと思います。
■本日の収益と保有株(手数料や税金を引いて)
・鹿島建設 信用買い→返売 +540円
・清水建設 返買 +10890円
・鹿島建設 信用買い 262円×1000株
・清水建設 返買 +3870円
● 合計 +15300円
一時期はどうなることかと思った清水建設の売りポジションですが、めでたく全株利食いすることが出来ました。
( ゚д゚) <しかし運の良いヤツだな
含み損を抱えながらポジション操作をして、少しずつ利益を出していく。
良し悪しは別にして、最近はこのパターンが結構多いです。
こうして記録していると、常に含み損を抱えている状況が浮き彫りになるので、もう少しスマートにやりたいとは思ってます。
しかしそう思いながらも、底で大量に買ってその後すぐに暴騰を狙い、予測が外れた際には即損切り、というやり方は選んでいません。
私は常時株価を追える訳ではないので、そんなやり方をしていたらすぐに退場になってしまうでしょう。
要するに「ないものねだり」なのだと思います。
あまりスマートではないかも知れませんが、分割購入という基本方針を変える訳にはいきませんので、しばらくはこのまま行くしかないですね。
● 持ち越し株
・鹿島建設 信用買い 268.5円×2000株

関連記事

  1. 2008年11月

    差額1円の攻防

    2008年 11月11日午前のトレード■持ち越している株・鹿島建設…

  2. 2008年11月

    盛り上がりに欠ける展開

    2008年 11月26日午前のトレード■持ち越している株・なし昨…

  3. 2008年11月

    買い増しは正解なのか

    2008年 11月28日午前のトレード■持ち越している株・大成建設…

  4. 2008年11月

    含み益で少し粘った結果は?

    2008年 11月10日のトレード■持ち越している株・鹿島建設 信…

  5. 2008年11月

    1円の差はどれくらい大きいのか

    2008年 11月17日午後のトレード■持ち越している株・清水建設…

  6. 2008年11月

    3択の中から何を選ぶ?

    2008年 11月 6日午前のトレード■持ち越している株・清水建設…

最近の記事

  1. 2008年12月

    まずまずのスタート
  2. 月間運用成績

    2009年3月の運用成績
  3. 2009年4月

    驚きの展開に
  4. 2008年10月

    痛恨のミスとヘタレ投げ
  5. 2008年12月

    もう少しの予感…
PAGE TOP