「2016年」の記事一覧

2016年5月13日 大成建設の決算と値動きと

2016年 5月 13日

■持ち越している株

・762円 × 2000株 信用売り

そろそろかな…という感じで大成建設の売りポジションを作りましたが、よくよく考えると少し早いような気もします。

買い注文でも売り注文でも同じで、注文を入れた後にこうして「大丈夫か?」となるのはいつもの事ですが…ちょっと気になるところ。

割と頻繁に大丈夫じゃない場合もあるんですけど、その場合は損切りをすればそれ以上損失を膨らませることはありません。

話はとてもシンプルです。

ただ「これはダメかも知れない」と思った時に、自分の手で損失を確定させるのは気持ち的になかなか難しいもの。

ここで我慢をすれば損失は減るかも知れない…という思いが非常にやっかいで、それが原因で損切りがしにくいんです。

また、実際に我慢すると損失が減ることも多い、というのがさらに困ってしまう原因なんですよね…

そうした理由があって、損切りというのは確かにシンプルではあるのですが、決してイージーではありません。

このあたりに株式投資の難しさがあるのだと思います。

この「シンプル」と「イージー」を混同したまま取引をすると、100回取引して99勝1敗であってもトータルは大きくマイナスという事になる訳です。

どれだけ経験を積んでも株式投資の怖さがなくなることはありませんが、ある程度リスクを負っている以上は仕方がないことなのでしょう。

怖さをなくしたい場合は株式投資をしないという選択肢がありますが、それでは目標を達成することは出来ないんですよね。

2016年5月12日 大成建設の売り目線で

2016年 5月 12日

■持ち越している株

・なし

5月2日に売りポジションの手仕舞いをして、その後は大型連休という事もあって取引はしていませんでした。

値動きを追っている大成建設は、返済買い注文をした後もう少し下げていき、そこからジリジリと上げていく展開に。

大成建設のチャート

この値動きを見る限りは、先日手仕舞いした売りポジションはあまり良いものではなかったという感じがします。

かと言ってここで買い注文を出すのもちょっと…というような気持ちで建設関連株の値動きを見ていました。

大成建設に関しては、売りをどこで入れようかという気持ちでいるのですが、あまり急いで注文を出しても良い事がないのは経験上よく分かっています。

なので、慌てないで今は待つという状況です。

2016年5月2日 恐怖の下げによって…

2016年 5月 2日

■持ち越している株

・748円 × 2000株 信用売り

せっかく更新を再開したのに早速滞ってしまいました。

とは言っても、株式投資としてそれほど書く事がなかったのも事実なので、仕方がないと言うしかないのですが…

ブログとしては少々残念な感じになってしまいましたが、ブログの為に取引をする訳にはいかないという当たり前の話があって悩ましいところです。

ただ、記録としてブログを書いている意味はあったかも…とも思ったので、そこは良かったかも知れません。

記事を書いていて感じたのが、スイングトレードではなく結局一日か二日程度持ち越すだけのデイトレード的なやり方になりつつあるという事。

どうしてそうなるのかを考えてみると、恐らく勝ち負けがすぐに分かるので、利益に喜んだり損失に悔しがったりするのが楽しいからだと思います。

今さら何を言っているのか? という気もしますけど、何年トレードをやっていてもその場の雰囲気と分かりやすい楽しさに流されてしまうんですよね…

これではそのうちに大きな損失を出す事は目に見えていたので、自分がやりたい取引スタイルであるスイングトレードをするように意識していました。

デイトレードは非常に難易度が高く、私には利益を継続して出し続けることは難しいので…

と、更新が滞っていた言い訳を少しだけ書いてみました。

一連の売りポジションを今日手仕舞いしましたので、大成建設の値動きと注文のタイミングなどを振り返ってみたいと思います。

2016年4月14日 大失敗でした…

2016年 4月 14日

■持ち越している株

なし

なかなか煮え切らない値動きをしている大成建設の株価に、結局持っていた買いポジションを全て手仕舞いしたのが昨日。

ちょっと流れに乗り切れていないという感じがしていて、そんな状態で株を保有しているのは危ないと判断しました。

株式投資をする以上、ある程度はリスクを負うことを許容しないといけない部分はあります。

だけどリスクを負う事と無謀な取引をすることは、ちょっと似ているような気もしますけど全然違うんですよね。

だから昨日の時点で買いポジションを手放してリセットした訳ですが…

2016年4月13日 大成建設の返済売り

2016年 4月 13日

■持ち越している株

大成建設 信用買い 721.5円 × 4000株

先週は大成建設の買いポジションをかなり早めに作ってしまいました。

もう少し慎重な取引をしなければ…

と、そう思うあたりは全然成長していない感じですが、今回はラッキーなのか損切りを考えていたラインまでは下がりませんでした。

もし下がっていたらきっちり損切り出来たか?

これが重要になってくる訳ですけど、今日の値動き次第では、損切りの訓練が出来るかも知れません。

まあ全然嬉しくはないですけども。

そんな微妙なポジションでも、逆に「これは絶対!」と思って作ったポジションでも、結局のところ同じ買いポジションです。

いずれにしても返済売り注文を出せば利益または損失が出るだけの話で、そこに私の感情とかが入る余地はありません。

今日はこの買い玉を返済することにしましたので、どんな流れになったのかを記録しておくことにします。

2016年4月10日 先週の取引まとめ

2016年 4月 10日

■持ち越している株

大成建設 信用買い 721.5円 × 4000株

どうにも仕事が忙しくて記録を書いている時間がとれなかったため、日曜日の深夜に更新をしています。

4月1日に大成建設の返済買い注文を出した後、そのまま信用買い注文を出したけれど約定しなかった、という話をしました。

しかし結局、週明けの月曜日はそれほど反発して上がらず、大成建設の株価はむしろ下げていく方向に推移していきます。

( ^∀^) < 約定しなくて良かった…

という思いで大成建設の株価を見ていましたが、そうなると下げてきた株価で買いを入れたくなってしまうんですよね。

そんな安易な考えでこの週の取引を開始しました。

大成建設売りポジの手仕舞い

2016年 4月 1日

■持ち越している株

大成建設 信用売り 754円 × 2000株

多少の利益は出ているものの、いまひとつ波に乗っていない感じのトレードが続いている現状です。

もう少し粘ることが出来れば、と思うシーンが結構ありますが、単純に粘れば良いという訳でもないのが難しいところ。

他の方の株式投資ブログなどを見ると「自分用のルール」をもって取り組んでいる方も多いのですが…

私の場合あまり厳密な取引ルールを作ることが出来ていないので、それで迷ってしまうのかも知れません。

とは言っても、株価が何円マイナスになったら問答無用で損切り、というような厳密なルールを設定するのも難しい気がします。

ダメだと思ったら損切りは絶対に必要ですけど、そこに数字的な裏付けを持たせようとするのは危ないのではないかと。

「取引ルールは絶対守る」という前提になる訳で、しかしその絶対のルールを決めているのはあくまでも自分。

利益が出ない状況になれば絶対に「このルールは本当に正しいのか?」という疑問が頭から離れないはずです。

そこで微調整が必要なルールであれば、そもそも厳密な数字を含めたルールは必要ないのではないか、と思ってしまうんです。

ちょっと語ってしまいましたが、大成建設の売りポジションをどうしたか、という話に戻ります。

2016年3月31日 大成建設再び

2016年 3月 31日

このところあまりスイングトレードが上手くいってません…。

それほど大きな損失を出さなくて済んでいますが、これはただ運が良かっただけの話で、こういう時は気を付けないと危ない目に遭いそうな感じがします。

気を付けないとダメと言っても、これでは表現が漠然としていて何をすれば良いのかが明確じゃないですよね。

具体的には…

・注文を出そうと思ったら少しの間待つ

・注文の単位2000株を厳守

・ダメそうな時は早めに見切を付けて損切り

というようなことをやっていく訳ですが、結局これらの事は通常の取引中いつも気を付けている事ですから、今になって特別に意識するものでもありません。

そうなるといつも以上に慎重な取引を心がけるしかない、という事で…

 

(´・ω・`) < 結局いつも通りです

 

その「いつも通り」を継続するのが難しかったりする訳ですけど、これは株式投資に限った話でもないですよね。

2016年3月30日 大成建設のスイングトレード

2016年 3月 30日

先週末は買いポジションも売りポジションも持たず、すっきりした状態で週明けを迎えることが出来ました。

持ち越しすることで精神的に苦しくなるようなら、恐らくそれは自己資金に対してポジションが大きすぎるということ。

なので、持ち越しているポジションがあってもなくても特に問題ない、というやり方にした方が良いのですが…

そうは言ってもポジションゼロはやはりすっきりするものです。

これは人によって全然違うのだとは思いますが、私の場合はあまりにも頻繁に取引をすると、今までの経験上悪いことが起こる確率が高くなります。

それは分かっているのですが、実際に株価の値動きとかを追いかけていく内に、少しずつ頻繁にトレードしがちになってしまいます。

そうなるとどこかで大きな損失を出すことになる傾向にあるので、ちょっと気を付けないと危ないです。

そう言った意味で、ポジションゼロの状態で週末を迎えるのは、それほど悪いものではないと思っています。

とは言ってもある程度リスクを負って取引をしないと資金は増えていかないという問題もあって、そのバランスが難しいところです。

2016年3月25日タイミングの悪い返済買い

2016年 3月 25日

ちょっと早めのテンポで売りを入れた鹿島建設ですが、この流れで売りポジションを増やしていくのは少し早すぎという感じがしています。

だったら売り注文を入れなければ良いのに、と思われてしまうかも知れませんが、その時は充分に待って注文を入れた感覚なんですよね…

後で「ちょっと早すぎるか」と感じるという事は、注文を入れる際には少し焦っていたということなのかも知れません。

株式投資で焦るということは、これから株価が上がるのに買い注文を入れていないのは損だ、などと感じているという事。

これは経験的にあまり良くない気持ちなので、少し落ち着いて長い目で見ながらトレードをするよう軌道修正しなければ。

という事で、今日は少なくとも2000株の売りポジションを手仕舞いすることを意識しながらやってみたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ