2016年3月31日 大成建設再び

2016年 3月 31日

このところあまりスイングトレードが上手くいってません…。

それほど大きな損失を出さなくて済んでいますが、これはただ運が良かっただけの話で、こういう時は気を付けないと危ない目に遭いそうな感じがします。

気を付けないとダメと言っても、これでは表現が漠然としていて何をすれば良いのかが明確じゃないですよね。

具体的には…

・注文を出そうと思ったら少しの間待つ

・注文の単位2000株を厳守

・ダメそうな時は早めに見切を付けて損切り

というようなことをやっていく訳ですが、結局これらの事は通常の取引中いつも気を付けている事ですから、今になって特別に意識するものでもありません。

そうなるといつも以上に慎重な取引を心がけるしかない、という事で…

 

(´・ω・`) < 結局いつも通りです

 

その「いつも通り」を継続するのが難しかったりする訳ですけど、これは株式投資に限った話でもないですよね。


■2016年 3月 31日の取引

昨日は粘れずに返済買い注文を出した後で結構下げた大成建設でしたが、今日もしつこく値動きを追っていきます。

昨日まずまず下げたから今日は上がるかも、という考え方もまあありですけど、今日はあくまでも売り目線。

取引開始時点で大成建設の株価は上げていて、一時期は+10円以上の760円を超えてきました。

ここで売り注文を入れようと思ったのですが、さっきも書いたように注文までに少し間を置こうと思い直し注文を控えて…

結果としてはここが今日の天井ということになりました。

天井で売りを入れられなかった、というのは取引を終えた今でこそ分かることなので、そこに注目して悔やむ必要は全然ないです。

結局は少し下げてきた754円で信用売り注文を入れました。

・754円 × 2000株 信用売り

その後は株価を上げたり下げたりしながら、全体としてはやや下げ方向で株価は推移していきます。

ずっと張り付いて株価を眺めている訳ではないので、時々確認しながら何事もなく時間は過ぎていき、結局本日の取引はこれで終了でした。

3月31日大成建設の終値

最終的には前日比-4円の744円で取引終了し、持ち越した株の損益はこのような感じになりました。

3月31日の持ち越し株

大成建設のチャートは今日の時点でこんな感じ。

3月31日大成建設のチャート

ここから反発して上がることもありそうだし、そのままもう少し下がることもありそうなので、明日の流れをよく見ていくことにします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ