2016年3月

2016年3月23日 近況報告

2016年 3月 23日

またまた久しぶりの更新になってしまいました。

自分に課した株式投資を再開する条件をクリアしたので、これでようやくブログの更新を再開出来る!と思っていたのですが…

本業が史上最高に忙しくなってしまい、記事作成に全然手が付かない状態が一年近く続いてしまいました。

とは言ってもこのような状態で放置しておくのは勿体ないので、無理矢理に近い形で更新を再開しようと思い今これを書いています。

まずは簡単に今年の株式投資状況をまとめてみて、それ以降の売買については毎日の状況を細かく書いていくことにしようかと思っています。

私の投資スタンスはスイングトレードで、数日から一ヶ月程度保有してその間の値動きで利益を出すことを目指しています。

これがきちんと上手くいけば、いまやっている本業をしっかりこなしながらトレードでも利益を出す事が出来ます。

まあそれがいつも上手くいく訳ではなくて、失敗してしまうパターンとしては以下のような流れになってきます。

・ついついデイトレード的な売買に走ってしまう

・思惑と違っている事が分かりながら保有を続けてしまう

これらについては以前よりも結構改善していると思っているのですが、それでもまだ不足しているはずなので毎日改善していくしかありません。

昔はこれを本業に出来ればと思ったりもしましたが、残念ながらそれを実現出来る程私のメンタルは強くないので、本業を続けながら継続的に利益を出す事が出来れば充分だと今は考えています。

そんなスタンスで私は株式投資をしていますが、2016年の状況についてちょっと振り返ってみることにします。


■2016年序盤の状況

2016年序盤の株式投資状況ですが、プラスかマイナスかで言えば何とかプラスを保つ事が出来ています。

損切りが少ないのが気になる所ではありますが、ちょっと運が良かったということもあってこのような状況になっています。

2016年序盤の状況

合計でプラスいくらという数字にあまり大きな意味はないのですが、数字だけで言えば+48万円くらい。

相変わらず株主優待で少し損をしたりがありますが、まあこのあたりは大きな問題ではないので良いと思っています。

主に清水建設・大成建設・鹿島建設の株を買ったり売ったりしていて、ある程度利益を伸ばすことに成功したという感じです。

プラスになったという事実よりも、自分が「こういうトレードが出来れば」と思っている内容を実行できたという事実が何より嬉しい。

建設株の値動きが多少荒くなったような気がしていて、それに引きずられて売買が荒っぽくなってしまいそうという懸念もありますが…

これはもう自分で気を付けるしかないし、何も気を付けないで出来る株式投資などありませんからそれで良いのだと思っています。

今保有している株は以下の通りです。

3月23日保有株

シーズホールディングというのは昔のドクターシーラボで、これは株主優待の為に現物保有しているのでそのまま放置です。

あとは鹿島建設の2000株売りポジで、これは微妙にデイトレ的な考え方が入っているような感じがしてちょっと危ない状況です。

場合によっては明日すぐに損切りになるかも知れませんが、仮に含み益が出たとしてもすぐに手放した方が良い気がしています。

本格的に売りポジションを作っていくにはまだ早いと思うので。

という事で、明日以降はこうしたポジションをどう動かしていくかを記録していこうと思っています。

再開したばかりでは見て頂いている方の人数は非常に少ないとは思いますが、じわじわと増えていくことを目指して日々更新していきます。

大きな損失を出すとブログ的にはおいしい状況になるのですが、そのような状況にならないよう淡々とした内容をお届け出来ればと思っています。

関連記事

  1. 2016年3月

    2016年3月31日 大成建設再び

    2016年 3月 31日このところあまりスイングトレードが上手くいって…

  2. 2016年3月

    2016年3月30日 大成建設のスイングトレード

    2016年 3月 30日先週末は買いポジションも売りポジションも持たず…

  3. 2016年3月

    2016年3月24日 鹿島建設の売り増し

    2016年 3月 24日ようやく二日連続で更新をすることが出来ました!…

  4. 2016年3月

    2016年3月25日タイミングの悪い返済買い

    2016年 3月 25日ちょっと早めのテンポで売りを入れた鹿島建設です…

最近の記事

  1. 2008年11月

    昨日と似たような展開に
  2. 2008年11月

    同じ失敗を繰り返す男
  3. 2008年12月

    万事休す…かも
  4. 2008年8月

    想定外の清水建設
  5. 2009年4月

    驚きの展開に
PAGE TOP