年間運用成績

2008年の運用成績

2008年のトレードを終えて
■今年を振り返って
2008年のトレードが終わり、ようやく1年をじっくりと振り返る余裕が出てきました。
このブログを書き始めたのは7月ですが、12月まで本当にあっという間でした。
記録を日々つけていくことの重要性が、最近ようやく分かってきたような気がしています。
10月には歴史的な大暴落がありました。
底なしに株価が下落していくような感覚は、恐怖という言葉以外で表すことが出来そうもありません。
その時はたまたま売りポジションを持っていましたので、下落は望むところではありました。
そして実際に利益を出すことは出来ましたが、当然反対の状況もあり得た訳ですから、当然手放しで喜ぶことは出来ません。
今まで経験したことのないような値動きの激しさは、やはりトレードをしていて恐怖でしたね。
その後、一気に値動きがなくなってしまうと「値動きが少なくて困る」とか言い始めるんですけど。


■年間のトレード成績
・ 1月 -35万9000円
・ 2月 -13万4000円
・ 3月 休み
・ 4月 + 2万5000円
・ 5月 + 1万1000円
・ 6月 +13万2000円
・ 7月 +11万0000円(ここでブログ開始)
・ 8月 +10万7000円
・ 9月 - 3万8000円
・10月 +41万2000円
・11月 +16万7000円
・12月 +17万7000円
合計 +61万円
ブログでは書いていませんが、2008年の1月と2月初旬にかけて、かなり大きな損失を出していました。
Eトレード証券では良い思いもしましたが、最後に大きく損失を出してしまい、2ヶ月以上休むことになりました。
Eトレード証券の母体となったSBIホールディングで、9月にも懲りずに損失を出していますね…
それでも何とかプラスで終わることが出来ました。
どうも利益を出している気が全くしないのですが、そういう状態で少しずつ残高が増えていけば良いと思ってます。
■内容的な話
ただし、まだまだ安定とはほど遠いトレード内容ですから、もっと勉強をしないと生き残っていくことが出来ません。
もちろん本を読むだけでスキルが上がる訳ではありませんが、知識と実践を組み合わせて経験を積んでいくつもりです。
特に「早めに損切りをした方が結局は得」ということを理解して、それを確実に実行したい…
損切り出来るか出来ないかで、利益は大きく変わってくるはずです。
恐らくトレード手法に「完成形」などないでしょうけど、2009年はもう少し損切りを上手くやりたいです。
2009年の年末にも、こうした反省が出来ることを目指し、また1年頑張りたいと思います。

最近の記事

  1. 2009年5月

    売り上がりの始まり
  2. 2008年10月

    含み益に慣れるつもりが…
  3. 2009年4月

    再スタートを切る前に
  4. 2008年11月

    狂った歯車はすぐに戻りません
  5. 2009年2月

    綺麗な山を見ました
PAGE TOP