雑記

今日はひとりで反省会

2009年 1月12日
■休日の過ごし方
今日は成人の日でトレードもお休みです。
私は珍しく本業が休みでしたので、夜更かししたり寝坊したり、のんびり買い物に行ったりと休日を満喫しています。
もう少し若い時には、休日にはどこかに出かけないと気が済まなかったりしたんですけど、最近は「何もせずに過ごす」ことが多いです。
まだまだ老け込む年齢ではないんですけどね。


■祝日にひとりで反省会
さて…
今日はトレードもお休みですし、年末から年明けにかけて作ったポジションについての反省会をやっておこうと思います。
年末から粘りに粘った結果、先週末にようやく現物を除くポジションを手仕舞いすることが出来ました。
利食いすることが出来たのは良かったのですが、保有期間が長い割には利益はパッとしないという情けない結果に終わっています。
で、今回は何がダメでこうなったのか、そして次回同じ事を繰り返さない為にはどうすれば良いのか。
このあたりを考えてみます。で、まずは何がダメだったかを挙げてみると…
・資金に余裕がなくなった
・だから買い増しと売り増しが出来ない
・その結果、もう見ていることしか出来なかった
という感じです。
やはり一番の原因は資金に余裕がなくなってしまったことではないかと思います。
私は分割でポジションを作っていくというやり方をしています。
具体的には、買い注文をした後で値段が下がればまた買いを入れていき、少しずつポジションを増やしていく、というやり方です。
でも資金に余裕がないと、値が下がった時にも買い注文を入れることが出来なくなってしまいます。
そんな身動きが全く出来ない状態では、もう「お願いだから下がって欲しい…」と願うことしか出来ない。
今回一番ダメだったのはココではないでしょうか。
そしてようやく利益が出る状況になった訳ですが、その時にはもう早く手仕舞いしたい気持が強くなりすぎていました。
それでは粘って利益を伸ばすことなんて不可能ですよね。
■次回からはどうすれば?
資金に余裕がなくなった原因のひとつに、清水建設と大成建設で同時にポジションを作ったことが挙げられます。
今までもそんな状態はありましたが、今回は株数が違いました。9000株を保有しているのに、他の銘柄をやるのはまだ早いです。
まだたくさんの種類を同時にやる程の資金もないですし、そんなスキルもありませんから。
そのあたりの反省点を踏まえ、今後は以下のような点を守りながらトレードをしたいと思います。
・注文した後で委託保証金率が50%を割のはNG
・2銘柄以上を持ち越すのは禁止
・最初は1000株を厳守する
最初に入れる注文は最低単位である1000株だったのですが、買い下がっていく前に値を上げることが最近は結構ありました。
そうすると買い増しをしないままに利食いとなる訳ですが、やはり1000株ではなかなか利益が伸びないんですよね。
だから最初に2000株の注文を入れ、その後苦しむことになりました。
でも本当は、買い増しせずに利食いでも充分に満足なんです。それ以上の利益を望むのは、今の時点では「欲張り」としか言えません。
そのうち資金に余裕が出てきた場合には、最初の注文単位が大きくなることもあるでしょうけど、それは今ではない。
それを肝に銘じておかないと、間違いなくまた今回と同じことをやらかしてしまいます。
だってアホですから。
なので上記のルールを破った際には、出金10万円の刑を科することにします。
今の資金で10万円の出金は非常に痛いです。でもそれくらいしないとルールを守れないので仕方がありませんよね。
これで少し落ち着いたトレードが出来れば良いのですが…これからどうなるのかをじっくりと見ていきたいと思います。

関連記事

  1. 雑記

    株ブログを見て回った成果

    2008年 12月 6日■土曜日の仕事今日は土曜日でトレードはお休…

  2. 2009年4月

    休日の息抜き

    2009年 4月12日のスイングトレード■休日前に思ったこと最近ト…

  3. 雑記

    日曜日の息抜きと勉強と

    2008年 10月26日今日は日曜日ですから相場はお休みです。私の…

  4. 雑記

    ブログデザインを変えてみました

    2008年 11月 3日■やっとの事で今日は祝日なのでトレードはお…

  5. 雑記

    ちょっと息抜きです

    週末は清水建設のスイングトレードを振り返ってみて、色々と反省をするつも…

  6. 雑記

    モリモトの民事再生について

    2008年 11月29日今日は土曜日ですから当然トレードはお休みです…

最近の記事

  1. 2008年7月

    配当金という誘惑に負けて
  2. 2009年2月

    デザインなどの変更
  3. 2008年10月

    底が見えない時こそ
  4. 2009年4月

    驚きの展開に
  5. 2008年8月

    さえない展開に翻弄される
PAGE TOP